久保町の家

 

 

坂道の多い町の雰囲気を大切にしつつ、
住宅密集地において日差しと通風を効果的に確保。
OMソーラーと太陽電池を設置し、屋根に降り注ぐ太陽光を積極的に利用。

成人した子供との住まいのため、個室を広くとってプライベートに配慮しつつ、
LDKや浴室を一番居心地の良い場所に配し、
仲良し家族がくつろぐ広めの畳スペースを用意しました。

平成23年度住宅省CO2推進モデル事業
OMクワトロソーラー」搭載

場所:横浜市西区
規模:木造SE構法3階建/120.5㎡
竣工:2012年10月末
施工:富士ソーラーハウス
掲載:センスを磨く!住宅デザインのルール6
photo:shinichi watanabe

2016年10月11日 | Posted in house, works | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA