報徳二宮神社御木曳き/小田原

小田原城脇の二宮金次郎を祀る報徳二宮神社の大鳥居が88年ぶりに建立!
約2年の歳月をかけて準備し、大鳥居としていよいよ神社へと運ばれる…と、
友人に教えていただき、少し見に行ってきました。

鳥居の御用材は、かつて小田原城主が植えた樹齢300年の大杉。
どの辺りの山なのかちょっと気になります。

すごい迫力です。柱の断面も興味深い限り…。
手前が柱部分、奥に見えているのが鳥居の横木部分です。

お菓子撒きもあって上棟式を彷彿とさせます。
よっちゃんイカやラーメン太郎が舞っていて…、少しgetしました(笑)。
すでに周りの子達は持ちきれないほど…(言い訳)。

午後の立柱祭は見れませんでしたが近いので改めて見に行こうと思います。
今後は50年毎に開催していく予定とのこと。
…むむ、、次見られるかな。。

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|鎌倉|小田原|設計事務所

2017年08月30日 | Posted in days, town | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA