カフェ・フランドル/中村好文

一宮の家を訪問した道すがら、偶然が重なって念願のここへ
カフェ・フランドル、垂井町にある中村好文さんが設計されたカフェです。

かわいらしい外観、こちらは裏側です。
間違えてついいざなわれてしまう石畳…

エントランスはこちら↑でした。

メニューは基本的に自家焙煎の珈琲だけ(種類は豊富です)
…というストイックさですが、
まろやかな空間と寡黙なマスターのお人柄のおかげなのか、
とても穏やかな雰囲気が漂っていてくつろげます。
小菓子としてついてくる生チョコもおいしい!

丸みをおびたしっくいの壁や、深みのある床材、
造付けのソファーなどがカフェの雰囲気にしっくり。

訪れる人も途切れなく、なぜかちょうど良い感じで落ち着きます。
コーヒー好きの長男を連れて再訪したいなと。

こちらにお店を建てるときの経緯や思いなども載っています。
思いのつまった素敵なカフェでした ♪

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|湘南|鎌倉|小田原|箱根|全国|暮らしの設計

2020年07月20日 | Posted in archi, blog | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA