田根 剛×堀部安嗣/Let it go !!

大学院の恩師展覧会
トークショーを聴きつつすでに3回目…

この日は田根剛さんとの対談でした。
国立競技場案やエストニア国立博物館の設計でも知られていますが、
国内で唯一の住宅設計がA House for Oisoという、
何気なく大磯にゆかりのある方です。

ご縁あって一度お邪魔させていただきましたが、
空間の構成が巧みな上に地に馴染み、
懐かしさと新しさを兼ね備えた居心地のよい住まいでした。

お二人の話しを聞いていて、設計において共通していたのは、
記憶や土地、時間軸を大切にすることに加え、
中でも興味深かったのは「音」をかなり大切にしていること。

そういわれてみると設計された住まいに伺った際の、
静けさや反響を思い出します。

建築は奥深いですね。
興味深いお話しを伺えて楽しいひとときでした。

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|湘南|設計事務所

2017年03月31日 | Posted in archi, blog | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA