プレカット打合せ/大磯の平屋

進行中の大磯の平屋のプレカット打合せ
登り梁もふくめて屋根加工があらわしになるので、
工場に出向いて細かな納まりと材の確認をしました。

米松のあらわしは始めてで気になっていましたが、
とてもいい材を選定して下さっていて一安心…。
そうはいっても色んな材が混ざっていますが、
目に入りやすい部分にいい材を優先的に配していきます。

大開口の部分に配する化粧柱
節のある仕様でしたが、在庫ということでほぼ無節を用意してくださいました。
…うれしいです、吉野杉~!

ロフトの床材に使う富士ひのきの合板
ローコストながらも足触りに配慮

いい香りに包まれて製材工場は気分が上がります!
年明けの上棟目指して粛々と進んでいます。

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|湘南|鎌倉|小田原|箱根|全国|暮らしの設計

2020年11月28日 | Posted in archi, blog, construction | タグ: , , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA