モイス/外壁下地

少し前の上棟後の写真です。
この日は中間検査で構造金物の取付状況に加え、
外回りの耐力壁の位置や釘の施工状況などをひとつひとつしてきました。
検査機関からの指摘も特になしで合格です。

今回は外壁が杉板仕上げなので下地はモイスを使っています。
耐力、防火の性能はもちろん、湿気の制御もしやすく、
重いので大工さんは大変なのですが、おススメの材料です。
我が家ではお風呂の足ふきマット代わりに長い間使っていますが、
全く劣化しないのが不思議なほど。。

我が家で使っているのは端材ですが…、
ちゃんと商品化もされています。

ちなみに端材を持ち帰って燃やしてみたり、
結構地味な実験のような検証のようなこともよくしています。

打合せには出てこないような材料こそ、
住まい手さんにはわからないことが多く、
設計者の方でしっかりとしたチェックが必要な部分!

モイスは土に帰るらしいので今度は土に埋めてみようと思います(笑)

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|湘南|鎌倉|小田原|設計事務所

2017年09月17日 | Posted in archi, blog | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA