吉田茂邸再建/大磯

吉田五十八設計の吉田茂邸が再建され、
建築仲間の散歩に声をかけていただき行ってきました。
4/1にオープンしたばかりなのでまだ平日でも混んでいます。

漏電による火事で焼失したのが2009年
いつでも見に行けると思っていただけに、
とてもショックなニュースでした。

↓消失を免れた兜門

↓庭園は作庭家中島健の設計
本邸は建築家吉田五十八の設計

↓大きな窓が印象的なローズルーム

おおいそ野外アート2017開催中でこんな作品も

吉田五十八の設計では、近辺でも
御殿場の東山旧岸邸 1969(内藤廣設計のとらや工房と一体でゆっくり楽しむ事が可能)
鎌倉の吉屋信子記念館 1962(鎌倉市の学習記念館として使用中、春秋には一般公開有)
葉山の山口蓬春記念館  1954(大江匡氏の改築により生まれ変わり記念館として使用中)

…などを見ることができ、
いずれも数寄屋から近代建築を確立した建築家らしい、
緊張感のあるおおらかな空間を感じることができます。

吉田茂邸は再建のためなのか、新しいからなのか、
独特の緊張感は少し薄いようにも感じました。
でも窓から見える雄大な景色を眺めながら、
時代の空気のようなものを感じることができます。

野外アートとの組み合わせも面白いですね。
cafeも併設してほしいところです…w。

Mアトリエ 岡村未来子|大磯|湘南|設計事務所

2017年04月30日 | Posted in blog, town | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA