江之浦測候所/杉本博司②

続いて冬至日の出軸にある冬至光遥拝隧道の入り口

冬至の朝に相模湾から昇る朝日が70Mの隧道を貫き、
対面して置かれている巨石を照らします。

なんと目の当たりにできる機会がもうすぐ…こちら!

中に入ることももちろんできます。

上に乗ることももちろんできます。
ガラスの舞台は見学では乗れませんが、
舞台が開催される日に見に行ってみたいですね。

海景のような穏やかな薄曇りの海をバックに、
海、空、雲、ガラス…、それぞれの色が微妙に移り変わり続け、
悠久の時を感じるなんとも不思議なひとときでした。

その他にも門や石、茶室などなど…、
様々な由来を持つものが様々な形で構成されており、
継承が困難になりつつある伝統工法を再現し、
将来に伝えるという役割も合わせ持っています。

「測候所」という名前も気になるところですが、
「世界や宇宙と自分との距離を測る場」という意味が込められているようです。

ここまで構想10年、建設10年・・・・、
「寿命と資金が続く限り、使いながらどうするかを考えつづけたい」
とのことで傍らでは確かに工事が続いていました!

予約が必要ですがぜひ江之浦まで足を運んでみてください。
公式HPはこちら

Mアトリエ  岡村未来子|大磯|横浜|鎌倉|茅ヶ崎|小田原|箱根|設計事務所

2017年12月03日 | Posted in archi, days | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA