群馬音楽センター/アントニン・レーモンド

打合せを終えた後、電車の待ち時間を利用して、
同じくレーモンド設計の群馬音楽センター
井上房一郎氏のはたらきかけで実現した音楽ホールです。

外から見て不思議な形状のこの建物が、
音楽ホールに入ってみると、音と光、そして折板構造の合致した、
何ともすごい建物であることが一気にストンと納得できます。

圧巻の階段や壁画にも圧倒されつつ、
こんなに大きな建物でもホールの窓辺のベンチなど、
居心地のよい場所への配慮にも感動しました。

帰りの電車を気にしつつのほんの数分でしたが、
とてもいい時間を過ごさせていただきました ♪

Mアトリエ  岡村未来子|大磯|鎌倉|平塚|小田原|静岡|都内|全国|設計事務所

2018年01月21日 | Posted in archi, days | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA